店主の日常

アクセスカウンタ

zoom RSS Freycinet National Park

<<   作成日時 : 2015/04/22 22:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて次の目的地はフレシネナショナルパークです。
ワイングラスベイは世界10大ビーチと言われるほどの、エメラルドグリーンのビーチです。また二万年前からアボリジニーがいたらしく、彼らの生活道路の一部が今のトレッキングコースとなっているようです。
1912年(と思います)にナショナルパークになった歴史のある場所です。
Coles Bayでキャンプをする予定でしたが・・・。
あいにくの天候で、突風が吹き波は大荒れ。
テントが吹っ飛びそうで、細かい砂も舞い上がる状態です。
今晩寝る場所が決まってないのでビジターセンターで現地のアドバイザーと相談することにしました。
英語ができない私は、気合いでカウンターアタックを仕掛けます。
エクスキューズミー!
*声は大きくハキハキと
トゥデイズ ナイト マイ プラン イズ テント!
ノーノー、キャンピング!
*なきなしの単語を絞り出す。
バット ベリー ストロング ウインドウ アンド デンジャラス デイ!
アイ シンク マイ プラン イズ チェンジ
*伝えたいことを正確に!
ドゥ ユー ハブ ロッジ オア B&B オア アパートメントホテル アンド モア チープ オーライッ?
キャン ユー ブッキング OK?
*伝わったか?
今夜の寝床がかかっていますので、旅の恥は・・・です。
こんなやり取りをしながら、言いたいことを伝え、そしてめでたくキッチン付きのアパートメントを確保することが出来ました。
おまけに、you'er English is very good! と言われ上機嫌です。
夜はアパートメントにて、タスマニアワインで終了です。
画像


次の日は、朝5時に起きて早朝トレッキングです。
ヘッドランプを付けて朝焼けのワイングラスベイや太平洋からの日の出を見る為にハイクアップですが、あいにくの曇り空で、期待通りとはいきませんでした。
しかしながら、ワイングラスベイを眺めながら静かな朝を迎えました。
Wineglass Bay Lookout
画像


早朝の漁船
画像


低い山ですが、海抜ゼロから一気に600mほど立ち上がるので、なかなか迫力のある光景です。
オーバーナイトでMt Freycinetに行きたいところですが、今回はピークハントが目的ではないので、ここから眺めておきます。
しかし、いつかは時間を気にせず気の向くままにキャンプをし、あの頂から見える光景を見てみたいとひそかに思うアラフォーでした。
Mt Freycinet(右) Mt Graham(左)
画像


ナショナルパークの料金表。
画像


ここも、Mt Fieldと同様に1週間ほど時間をかけて、気の向くままに過ごしたい場所です。


つづく



月別リンク

Freycinet National Park 店主の日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる